('A`)ドクオが生きるという事について考えるようです RSSフィード
 

著作権についてはこちら
したらばのレスのズレが気になる方はこちら
mirrorhenkan関連はこちらとかこちら
ツンやヒートの口の文字化けが気になる方はこちら
まとめ事情さん関連はこちら
他まとめサイトさん関連はこちらとかこちらとかこちら
倉庫さん関連はこちら
AAのズレを調整したい方はこちら(外部サイト)
fc2のQRコードを非表示にしたい方はこちら(外部サイト)
作品のはてなブックマークのコメントを見たい方はこちらとかこちら
どれか選ぶのが面倒な方はこちら からでどうでしょう
ツリー全部最新の50件前後を読む

17jigendaddyjigendaddy   ('A`)ドクオが生きるという事について考えるようです-16

http://ex17.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1163950886/

3 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 00:51:54.59 id:pgE/oRCU0
---------------------------

 上九一色村。
一昔前、オウム真理教の事件でよくニュースに取り上げられていた
この地には一つの名所がある。
その名所の名は青木ヶ原樹海。

整備された遊歩道や近辺に点在する公園やキャンプ場など
アウトドア好きの人間には持ってこいの観光名所だ。

反面、樹に囲まれた遊歩道の先は足場も悪く
足を踏み入れる人があまりいない。
死にたがりには持ってこいの自殺名所だ。

観光名所としても、自殺名所としても名高い樹海の中に
その日、俺とツンは居た。



5 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 00:53:42.27 id:pgE/oRCU0

樹々の葉が擦れ合う音は波の音のように響き
それは動物か虫かが発する音や声と重なって、死出の道程のBGMとしては
悪くない音を奏でていた。

ここ数日の疲れが抜け切っていない身体と眠気が抜けない頭で
ただツンの後を追って歩き続ける。
遊歩道を越えて樹海に入ったところからお互いに会話はない。


ツンの後姿を見ながら、何の気なく突っ込んだポケットの中に
紙らしきものの感触がある事に気付き、なんだ?と思ってポケットから
紙を取り出す。
それは会社近くの和食チェーン店のデザート無料券だった。


6 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 00:54:56.33 id:pgE/oRCU0

「よう、ドクオ。
 これやるよ。」

 数日前のジョルジュとのやりとりが脳裏に蘇る。




8 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 00:56:37.39 id:pgE/oRCU0
 ツンとの約束を交わしてから日曜日までの数日を使って
俺は身辺整理も兼ねて会社に置いていた私物を整理する事にした。
もともと俺のデスクは結構な数の技術書やその他どうでもいい本に
埋め尽くされていたしちょうどいいと思っての事だ。

「ドクオ?何やってんだ?」

ごそごそと定時過ぎに私物をまとめ始めた俺の姿を確認して
ジョルジュが怪訝そうな顔でたずねる。

「ちょっといらないものの整理をな。」

ジョルジュは少し、悩んだような顔をしたが意を決したかのように
強い口調で切り出した。

「………なぁ、しつこく聞くのもどうかと思うんだけどさ。
 お前、やっぱり何かあっただろ?」

見つめ返したジョルジュの目には嘘は許さないと言う色が宿っていた。



10 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 00:59:07.10 id:pgE/oRCU0

「…あぁ。」

ジョルジュの問いに、初めて正直に答えた。

「やっぱりな。
 でも、そこまで隠すくらいだから相談しにくい事なんだとは思うけどさ、
 俺達は一緒に仕事して死ぬかと思うような仕事も協力して
 乗り越えてきたじゃねぇか。
 ちょっとは、俺の事を信用してくれよ。」

「信用ならしてるって。」


 そう返すとジョルジュは腕組みしてやや大げさに唸り始めた。


11 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:00:37.68 id:pgE/oRCU0

「分かったよ。
 どうあっても言いたくないってんだな。
 だったら………」

ジョルジュはカバンの中に手を突っ込み、
何かの紙を俺に差し出した。

「この券、来月から使えるんだ。」

そう言って、「デザート無料券」と印刷された紙を俺の手に握らせたが
その行動の意味がよく分からず不思議そうな顔をしていたらしい俺を見て
ジョルジュは気恥ずかしそうに話出した。

13 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:01:46.91 id:pgE/oRCU0

「この券が使えるまでにその悩み事でまだ悩んでるってんなら
 そのときは何が何でも相談に乗ってやる。
 いいか?強制だ。どんなかっこ悪いと思われるかもしれないと
 思ってる相談でも何でも、この券が使えるようになったら
 この店でメシを食いながら俺に相談する事。いいか?
 約束だ!」

そこまで言い切って照れ隠しのようにプイッと顔を横に向ける。
控えめなジョルジュが言ってくれた思わぬ大胆な言葉に少し
胸が熱くなった。


15 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:03:13.27 id:pgE/oRCU0

「ありがとう。」


そう答えた俺は心からありがとうと思っていたのだろうか?
思ってはいても、こうして樹海に来て終わりにしようとしている時点で
俺はジョルジュの好意を裏切ったんじゃないかと思った。


「はぁ…。」

裏切りという言葉にブーンの顔が思い浮かんで、ジョルジュの事や
ブーンの事を考えて、思わずため息が出た。


返信2006/11/20 10:16:48