('A`)ドクオが生きるという事について考えるようです RSSフィード
 

著作権についてはこちら
したらばのレスのズレが気になる方はこちら
mirrorhenkan関連はこちらとかこちら
ツンやヒートの口の文字化けが気になる方はこちら
まとめ事情さん関連はこちら
他まとめサイトさん関連はこちらとかこちらとかこちら
倉庫さん関連はこちら
AAのズレを調整したい方はこちら(外部サイト)
fc2のQRコードを非表示にしたい方はこちら(外部サイト)
作品のはてなブックマークのコメントを見たい方はこちらとかこちら
どれか選ぶのが面倒な方はこちら からでどうでしょう
ツリー全部最新の50件前後を読む

18jigendaddyjigendaddy   ('A`)ドクオが生きるという事について考えるようです-17

16 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:04:57.74 id:pgE/oRCU0

「疲れた?」

樹海に入ってツンが始めて口を開いた。

「いや、大丈夫。」

「そう言う割にはちょっと足がふらついてるんじゃない?」

いつもよりいくらか乾いた感じの笑い声が言葉の後に繋がる。


「まぁ、もうちょっとだろ?
 辛抱するよ。」

「………そうね。」



18 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:05:50.88 id:pgE/oRCU0

ジョルジュの事もブーンの事もかき消すようにして忘れて
ツンが用意したくれたすずらんテープを手に気力を奮い起こす。

このテープは遊歩道の中の樹の一本に括りつけられていて
これを目印にすれば遊歩道まで帰る事が出来る。
有言実行のツンが何故こんなものを用意したのかは
よく分からなかった。

分からないといえばもう一つ。

「なぁ、ツン。」

無言に飽きてきた俺はそれをツンに尋ねる事にした。



19 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:06:57.82 id:pgE/oRCU0

「なに?」

「なんでまた、樹海で?」

「いい死に方を考えたの。
 ここでなら絶対うまくいくと思ったから。
 だから、ここにしたの。」

「絶対に?
 それなら別にここじゃなくても……」

「そうじゃないわ。」

少し冷たい口調でピシャリと俺の言葉を遮る。

「死んでも、絶対に見つからない方法よ。」


20 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:07:55.15 id:pgE/oRCU0

「下調べしたんだけど、GPSもあって携帯の電波受信範囲が広がっている
 このご時世、奥まった場所に行って首吊りをしても大体は発見されるらしいわ。」

地面に落ちていた”完全自殺マニュアル”と思わしき本の残骸を
詰まらなそうに蹴ってツンは言葉をつなぐ。

「この本には、XポイントだとかYポイントだとか
 見つかりにくそうな場所を地図に書いてたけど、
 この本はもう十年以上前のものだからね。
 十年一昔って言うでしょ?
 こんなのを信用して本当に見つからないなんて思ってる人は
 ただの馬鹿よね。」



22 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:09:16.95 id:pgE/oRCU0

「私はね、ドクオ。
 自分の死体を残したくないの。
 少なくとも、白骨化して無縁仏として誰なのかも分からないままに
 埋葬されたいと思ってる。」

歩みは止めず、ツンは顔を俺に向ける格好で話をさらに続ける。

「もしも身元が分かった状態で発見されたら
 私はその内死ぬブーンと一緒のお墓のに入らないといけなくなる。
 死後の世界や死んだ後に意識のようなものがあるなんて
 少しも信じていないけど………それでもそう考えるだけで
 気持ちが悪くなるの。」


23 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:10:58.10 id:pgE/oRCU0

「俺と一緒なら、いいのか?」

ツンはその質問には言葉としては何も返さず柔らかく笑って返す。
その表情はどこか儚かった。

「波の塔を読んだ時には、まさか自分がこんな場所で
 最期を迎えるとは思わなかったなぁ。」

そして、まるで関係のない話を持ち出して空を仰いだ。



25 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:11:46.83 id:pgE/oRCU0

「ここで、いいわ。」

今まで通ってきた道と特に見た目に変わりのない場所で
唐突にツンは背を向けたまま、言う。

「ここか?」

「そう。
 ここで、お別れ。」

「お別れ?」



26 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:12:30.48 id:pgE/oRCU0

 その言葉の意味が分からず復唱する。
復唱と言う形でツンに投げかけた問いは言葉としてではなく
ふわりと、ツンの身体が俺の胸にとびこむ形で返ってきた。
あの時と同じ、優しいツンに匂いがした。
ツンはぎゅっと俺の腰に手を回し、俺もそれに応えるように
ツンの背と腰にそれぞれ手を回してツンをしっかりと抱きしめる。

俺達は強く抱きしめあった。


28 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:14:04.02 id:pgE/oRCU0

樹のざわめき。
虫や鳥の声。
暗い森を照らす木漏れ日。
ツンに香り、ツンの感触、ツンが此処にいるという事。
生まれて始めて、この世界はとても美しいものだったんだとようやくにして気付けた。

自然が持ち得る色と輝きが確かに見えた。
触れている感触と匂いと存在に例えようのない安心感を確かに感じさせてくれた。
目の前に広がる全てが、輝きを持っていた。

世界は余りにも綺麗だ。

この気持ちを感じるのは、生涯最初にして最後だろう。
だけど、それで良かった。
冥土の土産には十分過ぎた。


30 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/20(月) 01:15:40.24 id:pgE/oRCU0

 どれほどそうしていたかは分からなかったが
やがてツンは俺の胸元に両手を置いて、押し出すようにして
ゆっくりと俺から身を離した。


「今までお世話になりました。」



33 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/20(月) 01:16:54.69 id:pgE/oRCU0

凛とした、だけど見た事のないほど清々しいツンの笑顔がそこにあった。
微笑を残したまま、ツンは背を向けて歩き出した。
足元が安定しないせいもあってか、物語のように一瞬で
姿が消えて行く事はなく、途中何度も転びそうになるツンとの
距離がちょっとずつ、本当にちょっとずつ離れていく。


34 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/20(月) 01:17:57.36 id:pgE/oRCU0

「俺は?」

間抜けな俺の声が樹海にこだまする。
ツンは何も答えない。ただ、歩き続ける。

「ツン!!」

俺は悲鳴に近い叫びをあげた。

ツンは歩みを止めてゆっくりと振り返る。
振り返ってもなお、ツンはあの光に似た笑顔を湛えていた。



37 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/20(月) 01:19:45.38 id:pgE/oRCU0
そして、呟くように答えてくれた。






”生きて”






38 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/20(月) 01:20:28.62 id:pgE/oRCU0

俺が何を叫ぼうともツンはもう振り返らなかった。
頭はその後を追う事を求めたが足は動かず、ガクガクと震える足で
どうにか立っているだけで精一杯だった。
その震えは疲れからではなく、あの一言からくるものだと言う事は
すぐに分かった。




「なぁ、俺は?どうすればいいんだよ?」

少し遠くなったツンの後姿にすがる様に問いかけるが
やはり返事はない。


43 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/20(月) 01:25:56.08 id:pgE/oRCU0

ツンがあの笑顔のままで呟いた言葉が頭の中に反芻して
俺は何かに突き動かされるように、来た道を振り返った。

目の前に広がるのは暗い樹海と一筋のすずらんテープ。
そして後ろの方では徐々に小さくなる足音。

「生きろって、酷な話じゃねぇか?
 なぁ、ツン。」

背の側にいて、居なくなろうとしているツンに、
返事が返ってこないことと知りながら叫ぶ。

「そっち、行ってもいいか?」

返事はない。
肯定も否定も、なにもない。

全ては自由。
そう言う事なのだろう。


47 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/20(月) 01:29:14.08 id:pgE/oRCU0

目が熱い。
どうして、こんな酷な選択を俺は強いられているんだ?

ただ、ツンがしたいように、付き従うつもりだったのに……。

前には暗い道。
後ろにはあの瞬間感じた光のような笑顔と美しいと言う言葉では
言い表せない輝きに満ちた”せかい”。

あまりにも分かりやすい選択肢だった。



52 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/20(月) 01:32:28.14 id:pgE/oRCU0

まずはポケットから煙草を取り出して、火をつける。
銘柄は、いつもと同じピース。

「戻ったらまた夕方から会社かぁ。
 生きていくの、めんどくせぇな。」

未だ吸いなれない煙草から出た煙と声を吹かす。
足音はもう聞こえなくなっていた。


60 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/20(月) 01:37:59.59 id:pgE/oRCU0

一時間後、俺は無事に遊歩道に戻って来られた。

ひょっとしたら………受動的な可能性を無責任に信じて
俺はそのテープを切らずにそのまま放置した。

もう一本、煙草を吸う。
吐き出した煙が天に昇る。


61 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/20(月) 01:38:54.17 id:pgE/oRCU0

”俺、何をやってんだろ?
 また大事な人を裏切っちまった。”


目の前が滲んで見えなくなる。



だけど、俺は生きていた。


65 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/20(月) 01:42:39.23 id:pgE/oRCU0

こうして、ツンは俺達の前から姿を消した。

俺の心に”光”のような感情を刻み込んで、
ただ静かに、綺麗に、儚く、物悲しく、美しく。

彼女は確かにこの世界で生きて、最期に俺に光を与えてくれた。

そして俺は結局 約束を守らずに 一人汚らしく生き残った。



返信2006/11/20 10:18:26