('A`)ドクオが生きるという事について考えるようです RSSフィード
 

著作権についてはこちら
したらばのレスのズレが気になる方はこちら
mirrorhenkan関連はこちらとかこちら
ツンやヒートの口の文字化けが気になる方はこちら
まとめ事情さん関連はこちら
他まとめサイトさん関連はこちらとかこちらとかこちら
倉庫さん関連はこちら
AAのズレを調整したい方はこちら(外部サイト)
fc2のQRコードを非表示にしたい方はこちら(外部サイト)
作品のはてなブックマークのコメントを見たい方はこちらとかこちら
どれか選ぶのが面倒な方はこちら からでどうでしょう
ツリー全部最新の50件前後を読む

19jigendaddyjigendaddy   ('A`)ドクオが生きるという事について考えるようです-18

98 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:12:26.97 id:xajp36XJ0
------------------------------------------------

「またツンのことを考えていたのか?」

 シャワーから戻り、バスタオルを身に纏ったクーが
怪訝そうな顔で俺を見ていた。


クーが指差した先に視線を送ると手にしていた煙草の火が
フィルターにまで及んでいて、シーツの上には焼け落ちた
煙草の灰が鎮座していた。

一言、バカと言ってクーは備え付けの冷蔵庫から
缶ビールを取り出してタブを開けて口に運ぶ。


99 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:15:48.45 id:xajp36XJ0
俺は灰を床に落とし、燃え移るものがないか確認して
クーの問いかけに答える。

「ツンがいなくなった後の事を考えてた。」

「そうか。」

気のない返事を返してクーはベッドに腰掛ける。

「色々と、あったな。」

「そうだな。」

それ以上何も言わずビ-ルを飲むクーと
新しく箱から煙草を取り出して火をつける俺。

室内は静寂に包まれた。

----------------

101 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:17:04.81 id:xajp36XJ0


「ツンが帰ってこないんだお。」

ツンが居なくなった日の夜、ブーンの電話での第一声はそれだった。

「どこにいったか知らないかお?」

「知らねーよ。」

………本当は知っていた。
居場所ではないが…ツンは、もうこのせかいに居ないと言う事を
俺は、知っていた。


103 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:18:25.36 id:xajp36XJ0

「俺だって驚いてるんだ。
 ツンが、居なくなったなんて聞かされて。」

白々しく嘘を並び立てる。

………いや、驚いたというのは嘘ではない。
ブーンが、こんなにも早くツンが居なくなった事について
電話してきた事にはそれなりに驚いた。




105 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:20:59.45 id:xajp36XJ0

「居なくなって初めて分かったんだお。
 ブーンには、ツンが必要なんだと言う事が。」

散々傷つけておいて、後になってハッとして謝る。
一度突き放してすぐに繋ぎとめる。
DVによくある事だとワイドショーか何かのDV特集で聞いた話だ。
ブーンのこの言葉が、それと同じものかどうかは分かりかねたが
その真贋がついた所でもはや、どうしようもない。
ツンはもう、”居ない”のだから。


106 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:22:51.47 id:xajp36XJ0

今まで酷いことをした。
これからは心を入れ替える。

そんな言葉を何故か俺に聞かせるブーンだったが、
その真意はその一言で理解できた。

「ツンを、返して欲しいお。」

「まるで俺の所にいるような言い方だな。」

「そう、聞こえたかお?」

「あぁ、そう聞こえたよ。」

ブーンはツンが俺の家に逃げ込んだと思っているのだろう。
さもなくば、俺に所在くらいは教えている、と………そう思っているのだろう。


107 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:23:34.13 id:xajp36XJ0


「お前が信じるかどうかは分からないけど
 俺は本当にツンの居場所は知らないぞ。」

出来る限り、強い口調で伝える。

「そうかお…。わかったお………。」

毎夜恒例の呪いの独演会を開催しないまま、少し悲しみのこもった声で
呟いてブーンは電話を切った。


108 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:24:30.13 id:xajp36XJ0


携帯電話を充電器に刺してベッドに仰向けに倒れこむ。

”ツンを返せ、か。”

樹海で最後に微笑んだツンの顔と言葉が脳裏をよぎる。
あの言葉が俺の中に残された最後のツンの思い出だ。

これは、俺がツンから受け取った彼女の意志だ。


110 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:25:05.26 id:xajp36XJ0





………これなら、返してやる事は出来るのかもな。


111 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:27:21.84 id:xajp36XJ0

身を起こして時計を見る。
夜の1時。

大丈夫。遠慮するような仲でもない。
それに何よりブーン相手なら失礼にも当たらないだろう。

着信履歴、一つ前の相手に電話をかける。


「もしもし?どうしたんだお?」


112 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:28:01.42 id:xajp36XJ0

「いきなりこんな事言うのも変な話だけどよ、
 聞いてくれよ。」

「なんだお?」

精一杯の気持ちを込めて俺がツンから受け取った意志を言葉にする。


114 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:28:31.57 id:xajp36XJ0





―――――生きろ


115 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:29:46.75 id:xajp36XJ0



「どういう、つもりだお?」

「どういうつもりだろうな。」

俺の用件はこれで済んだ。
話すことはもう何もない。


「用件はそれだけだ。」

「………そうかお。」

確かに、返したぜ。
お前が望んだものだ。


117 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:30:54.38 id:xajp36XJ0



ブーンに、ツンの最後に残してくれた意志を託して携帯を投げ捨てた。
ガシャンという無機質な音がして、それと同時に笑いが込み上げてきた。

「ツン、あの言葉はお前の夫に返したぜ。
 言葉なら、いいだろ?
 言葉なら一緒に墓に入ることもないもんな。」


118 名前:(・へ・) sage 投稿日:2006/11/21(火) 00:31:28.69 id:xajp36XJ0

ほの暗い部屋の中で「は」の言葉だけを繋げて笑う。
その内、機械的でしかなかった笑いは心の底からのものに移り変わり
俺はただただ笑い続けた。

笑い終わると同時に心の中が虚無感と喪失感に包まれて
ツンが最期に見せてくれた光も、すでに消え失せていた。


返信2006/11/23 08:45:30