('A`)ドクオが生きるという事について考えるようです RSSフィード
 

著作権についてはこちら
したらばのレスのズレが気になる方はこちら
mirrorhenkan関連はこちらとかこちら
ツンやヒートの口の文字化けが気になる方はこちら
まとめ事情さん関連はこちら
他まとめサイトさん関連はこちらとかこちらとかこちら
倉庫さん関連はこちら
AAのズレを調整したい方はこちら(外部サイト)
fc2のQRコードを非表示にしたい方はこちら(外部サイト)
作品のはてなブックマークのコメントを見たい方はこちらとかこちら
どれか選ぶのが面倒な方はこちら からでどうでしょう
ツリー全部最新の50件前後を読む

8jigendaddyjigendaddy   ('A`)ドクオが生きるという事について考えるようです-7

150 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/15(水) 02:38:44.47 id:JNA4AI+U0
 ある程度、覚悟はしていたが仕事は驚くほど進まなかった。
心にダメージがあるとこれほどに作業効率が落ちるものなんだと
思い知らされた。

「おいおい、ドクオ。
 マジで顔悪いぜ。大丈夫か?
 エロゲやったか?」


151 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/15(水) 02:39:33.86 id:JNA4AI+U0

 昨日よりいくらか心配そうな表情でジョルジュが俺の身を気遣ってくれた。
一言、大丈夫と返事をする。
ジョルジュは納得した様子ではなかったが、これ以上追及する事もしなかった。
お互いの深いところに踏み込まないのが俺たちの暗黙のルールだった。
だからこそ、俺とジョルジュはそれなりにうまくやっていけてると思うし
俺もジョルジュのそういう所を好ましく思っている。



152 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/15(水) 02:40:18.37 id:JNA4AI+U0



 その日一日の仕事の進みはとにかく最悪の一言だった。
上司には疲れが溜まってるなら早く帰りなさい、と言われる始末で
俺はお言葉に甘えていつもより早めに帰宅する事にした。


153 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/15(水) 02:40:52.61 id:JNA4AI+U0
 帰宅後、暇をもてあまし洗濯を始めたり風呂の掃除をして
気を紛らわせようとしたが、何故か落ち着かない。

 散々迷って躊躇したが、俺はクーに電話をかける事にした。
昨日のブーンの事について、少し話を聞いて欲しかった。

154 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/15(水) 02:41:41.29 id:JNA4AI+U0

「クー?今、電話大丈夫か?」

「何かあったのか?」

「あぁ、昨日な…ブーンから電話があったんだ。」

 どこからどこまで話すべきか悩んだ。
だが………包み隠さず、全部を話すことにした。
ブーンが悩み、死にたいと言い出したこと、
自殺方法について相談を持ち掛けてきたことを全て。


155 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/15(水) 02:42:26.73 id:JNA4AI+U0
 俺が話し終えると小さなうめき声が聞こえてきた。
困ったときにクーがよく発する声だ。
きっとクーは電話の向こうで神妙そうな顔をして
この小さなうめき声を出しているのだろう。
 クーに申し訳ないと思う気持ちを感じた。



「話は、分かったよ。
 大変だったな。」

 僅かな沈黙の後、明らかに狼狽した口調でクーは慰めの言葉をくれた。


156 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/15(水) 02:43:00.56 id:JNA4AI+U0
「こっちこそ、悪かったな。
 身内の事で話せる相手が他に居なくてさ。」

「別に構わないよ。」


 そしてまた僅かな沈黙。
ここまでクーと会話が続かないのも珍しかった。

 それもそうだ。
話題があまりにも重過ぎる。

157 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/15(水) 02:43:52.28 id:JNA4AI+U0
「ツンには連絡したか?」

 沈黙を破ってくれたのはさっきと同じくクーだった。



158 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/15(水) 02:44:42.11 id:JNA4AI+U0
「ツンに?
 いや、連絡してないけど。」

「そうか………。
 ドクオ君。
 ツンに、電話してやってくれないか?」

「なんだよ、いきなり?」

「実を言うとな。
 昨日ツンから電話があったんだ。」

「ツンから?
 どんな話だったんだ?」

「…いや、話を聞く前に”やっぱりいい”と言ってな。
 そのまま電話を切られた。」

多分、と言いながらクーが言葉をつなげる。

159 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/15(水) 02:45:13.11 id:JNA4AI+U0

「ツンにもツンで、私には言いたくない事があるんじゃないかと思うんだ。」

「そういうもんなのか?」

「女には女で色々とあるんだ。」


 知らなかった。
…というより信じられなかった。
傍から見てこの上なく仲良く見える二人にも、壁があったという事に。

161 名前:(・へ・) 投稿日:2006/11/15(水) 03:03:47.85 id:JNA4AI+U0
 だが、考えてみれば確かにそういうものかもしれない。
ジョルジュと俺との関係だってそうだ。
普段から行動を共にしていて、少なくとも上司達から見て
いい仕事仲間に見える俺達の間にだって、話すことの出来ない悩み事があるように………
仲がいいからこそ、話せない事があったってそれは何もおかしいことじゃない。

 だけど……

「お前に話せないような事を、ツンが俺に話してくれるのか?」


返信2006/11/16 09:33:06