('A`)売れないお店のようです RSSフィード
 

著作権についてはこちら
したらばのレスのズレが気になる方はこちら
mirrorhenkan関連はこちらとかこちら
ツンやヒートの口の文字化けが気になる方はこちら
まとめ事情さん関連はこちら
他まとめサイトさん関連はこちらとかこちらとかこちら
倉庫さん関連はこちら
AAのズレを調整したい方はこちら(外部サイト)
fc2のQRコードを非表示にしたい方はこちら(外部サイト)
作品のはてなブックマークのコメントを見たい方はこちらとかこちら
どれか選ぶのが面倒な方はこちら からでどうでしょう
ツリー全部最新の50件前後を読む

5jigendaddyjigendaddy   第五話 新たな仲間に乾杯

131 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:14:11 id:pFolPW620
売れないお店
第五話

新たな仲間に乾杯

↑在庫多 在庫切れ *
薬草 30G 毒消し草 45G
デクの種 50G
炎の護符・中 200G
通話のピアス(10分) 2個1セット450G
水の護符・小 150G
雷の護符・小 150G
餌玉の元の袋詰め 80G←NEW
キメラの羽 *

鑑定、その他要相談
'

132 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:14:56 id:pFolPW620
~道具屋~

俺はしがない道具屋を経営している少し不細工な魔法使いだ。
昨日懇意して頂いている魔法解析のプロ流石一家の母者さんから息子2人が逃げ出したという話を聞いたのだが


(;ーAー)「で?何やらかしたの?」

( ;´_ゝ`)「そ、それはだな」

(´<_`; )「ここは正直にいうのが礼儀だぞ、兄者」

( ;´_ゝ`)「うむ……」


聞けば兄者と弟者は魔法解析の応用で暗号を作っていたそうだ。
なんでも魔法の解析と暗号の解読を組み合わせて遊んでいたらしい。
その暗号の中では母者さんを舐めきっていたそうだ。

133 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:16:23 id:pFolPW620
流れをまとめると


~まとめ~

(´<_`* )「この暗号は母者にもばれんぞwww」

( *´_ゝ`)「母者とかわろりんぬwww」

 @@@
@#_、_@
  (  ノ`) 「へぇ……?この程度の暗号、解けないと思ったのかい。舐められたもんだね」

( ゚_ゝ゚)(゚<_゚ )

グシャバキッ
<ま、待つんだ!母者!話せば分か!ぐふっ

<兄者あああぁ!がはっ!

<魔法を下らないことに使うなってあれほど言ったのを忘れたとは言わせないよ!この馬鹿息子共が!

( ×_ゝ×)(×<_× )グフ

~まとめ終了~

134 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:17:28 id:pFolPW620
('A`)「なるほどね、それで?」

( ´_ゝ`)「終わりだぞ?」

('A`)「え」

(´<_` )「え」

(;'A`)「いやいやいやいや、ならなんで俺のところにきたんだよ!」

( ´_ゝ`)「俺達は思ったんだ」

(´<_` )「もう充分母者のもとで経験は
積んだ」

( ´_ゝ`)「だが店を出すには金が無い!」

(´<_` )「頼んで許可してくれそうなのは一人だけ!」

( ´_ゝ`)「だからここに来たのさ!」(´<_` )

(゚A゚)「息合わせてんじゃねえよ!」

135 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:18:26 id:pFolPW620
だが実際問題こいつら2人も住まわせるスペースはあっても、モラ印の護符買ったせいで金はない。
食料とかは森へ行けば問題はないんだが、母者さんのこともあるしなぁ……
ここは


('A`)「リリー、昨日に続いて悪いがまた流石家に」

( ;´_ゝ`)「ば!やめろ!」

(;゚A゚)「自己責任だろ!諦めて母者さんの制裁受けてこいよ!」オレガコロサレルワ

(´<_` )「ドクオ……お前には伝わらないがあん時の制裁は本気じゃない」

( ´_ゝ`)「体動かしてくるって素手で【狼翁山】に行くような化け物だぞ」

(´<_` )「 返り血で赤く染まった無傷の母者が狼引き連れてボスになってたのは引いたわ」

136 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:19:42 id:pFolPW620
す、すげえ。流石一家近くの【狼翁山】は長寿の危険性物のすむ山だ。
歳老いた狼がもっとも多く生息している山で、その事が、名前の由来になったという。

経験を積んだ狼たちは集団で襲いかかり狡猾な戦いをすると聞いたことがある。
熟練の冒険者なら戦いを避ける危険性物だ。

それを素手で倒し、ボスになってこれる母者さんは何を食って育ったんだろうか。

137 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:21:28 id:pFolPW620
( ;´_ゝ`)「な?簡単な家を作るまででいいから」

(´<_`; )「飯やら素材やらは俺らが用意するから」

(;'A`)「え、隣に家も作るの」


家をつくるのは流石に想定外。
だが母者さんの事が無ければ、この兄弟には世話になってきたから、住まわせてやりたい。

それに鑑定の仕事は今までは勉強する時間が少なかったため、細かい鑑定が出来ない事も少なからずあった。2人の力を借りて鑑定と解析の訓練をしたいのも事実。

……騙すようで気が引けるが母者さんには兄弟が来てることをこっそり伝えておこう。
いくら母者さんでも息子の安否が分からないのは不安なはずだ。
後でまた手紙を送るとして、今は……

138 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:23:06 id:pFolPW620
(;ーAー)「邪魔はしないでくれよ?」

( ´_ゝ`)「流石ドクオだ!話が分かる!」

(´<_` )「早速で悪いがこのあたりの事を詳しく教えてくれ」


兄弟たちに大樹の森にいる危険性物や、家に使えそうな木、ロイドの街についての事を教えた。
すると食料をとるついでに腕試しをしてくると森に向かっていった。
こういうところは母者さんと似てるよなぁ……

139 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:23:53 id:pFolPW620
さて今のうちにまたリリーに一仕事してもらうとするか。
内容は……そうだな。
『うちの店の隣で修行したいとのことでこちらで過ごすそうです。俺も協力しますのであまり怒らないでやってください   ドクオ』
これで大丈夫かなぁ……気にしてもしゃあないか。
また足に手紙を括りつけて、よし。
今日は豪勢な飯用意するから我慢してくれな。バタン

140 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:24:43 id:pFolPW620
('A`)「いらっしゃいませ」

( ´h`)「薬草3つとデクの種2つ、あと餌玉を1つ」イクラ?

('A`)「270Gになります。」ドーモ

( ´h`)「店の横の草って何あれ?」

('A`)「あぁ、大樹の森から採ってきた種を試験栽培してるところです。売り物にはしていません」

( ´h`)「ふ~ん、そっか。ありがとさん」バタン


危ない危ない。そう言えば兄弟たちのせいでまだ魔力をあげて無いんだった。
早くあげてやらなきゃな


('A`)「ん……実か?これ」

141 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:26:52 id:pFolPW620
小さな実がいくつか生えている。
まだ小指の爪ぐらいの大きさだが確かにある。
まだ植えてから一週間程度だがかなりの繁殖力があるのか?。

だがまだ何があるかも分からんので一番大きなやつを残し間引いておく。
しかしあの森の中でこんな実がついているのは見たことが無い。

育てれば分かるのかね。一応兄弟にも後で聞いとこう。
さて、日課の水やりもやったし通常業務に戻るか。バタン
ん、最近心無しか客が良く来るな。


('A`)「いらっしゃいませ」


……………………

142 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:28:40 id:pFolPW620
~道具屋・昼~

('A`)「よし、そろそろ昼飯にしよう、といいところなんだが」


兄弟がまだ森から帰ってこない。
近接タイプの2人なら大抵の攻撃なら良けれるし、最悪受けても母者さん仕込みの耐久で問題無いはず。
苦戦してるとも思えないが、思いつくのは


(;'A`)「キラービー刺激したかな」


森で2人が暴れてるならあの時の俺のように囲まれているかもしれない。
あの2人ならスタミナもあるし一応大丈夫だとは思うが、確認しにいった方が……お?

143 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:29:32 id:pFolPW620
アケロ-マタセタナ-メシモツクッタゾ-

なんだ。森で迷子でもなってただけか。
余計なことを心配しちまったな。

'
('A`)「遅かったな。迷子にでも」ガチャ

( *´_ゝ`)「キラービーを大量にとってきたから今日の昼飯はキラービーの腹汁な!」

(´<_`* )「キラービーの巣まで行って、ハチミツも少しとってきたぞ!」

(∥'A`)「……本気かよ……」


ハチミツは嬉しい。が昼飯に軽いトラウマのハチを食べたくは無い。というか虫を食べたく無い。
ワーム系ならまだ食べれるがそれ以外の虫となると食べた時の食感がどうもすきになれない。


(∥'A`)「他にはとってきてないのか?」

(´<_`* )「よくぞ聞いてくれた!これが戦利品だ!」

144 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:30:31 id:pFolPW620
+獲得アイテム+
キラービー・尻に生えてる針は針治療や袖に隠し持ちピンチの時によく使われる。かなり硬い。←NEW

キラービーの蜜・キラービーの巣にあるハチミツ。近づくと襲いかかってくるため採取する時は危険。←NEW

岩亀の甲羅・止まっていると岩にしか見えない亀の甲羅。ここらの地域ではあまり見ない亀。←NEW

錆びた剣・森で落とされ、錆びた剣。斬るには鈍らでまるで使えない。←NEW

キノコ・ただのキノコ、特殊な何かはない。味は可もなく不可もなく。←NEW

……言いたい事は色々あるが取り敢えず……

145 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:31:46 id:pFolPW620
(#゚A゚)「まともに食える食料がキノコとハチミツだけじゃねぇか!」ツカナンデケンガアンダヨ!

( #´_ゝ`)「何を言う!ハチは食えるだろうよ!」ホシカッタカラダヨ!

(#゚A゚)「ハチの何処を食うんだよ!もっとまともな飯持って来いや!」

(´<_`; )「ドクオ、気持ちはよく分かる。俺も最初はそうだった。だが騙されたと思って食ってくれ」

('A`)「……不味かったら、お前らでこれ処理してもらうからな」


遠い異国の地ではハチの子共を食べるというのは聞いたことがあるが、成虫になったハチを食べるなんてのは聞いたことが無い。嫌だなぁ……
第一、これどうやって食うんだよ……

146 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:32:43 id:pFolPW620
(´<_` )「胸と腹の間を割ってくれ」

(∥'A`)「……おう」

( ´_ゝ`)「あとは腹の中身を啜ればOKだ」

(∥'A`)パキョ

(∥'A`)ズズ-

(゚A゚)


あれ?ハチの体液に火を通す事によってまるでスープのように暖かく独特な味わいを出している。
確かにこれなら食べられる。食べるというより飲むに近いがこれは美味い。

147 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:33:48 id:pFolPW620
( ´_ゝ`)「美味いだろ?パンとかあったらそれにつけて食うのもまた良いんだ。今は無いから焼いたキノコで試すと良い。」ムシャムシャ

(´<_` )「これも結局母者の料理メニューだがな」

('A`)「……さっきは文句いってすまんかった」

( ´_ゝ`)「おう、気にすんな」


程々に飯を済ませ、兄弟は家建設の相談を始めた。
俺も店に戻り、飯の残骸の針を回収し、店の倉庫に取り敢えず置いておく。
すると兄弟は今度は森で良い木を探しにいくそうだ。
今日はもう生物を狩らないように念を押し、一応通話のピアスを持たせた。

148 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:35:28 id:pFolPW620
('A`)「う~ん、癖になる味だったな」


予想外すぎてまだ舌に協力なインパクトが残っている。
あれならまた食べてもいいと思えた。
むしろ食べたいとすら思った。
詳しい調理法を後で聞こう。


('A`)「お、リリーも帰ってきたな」


昨日今日と無茶をさせちまったからな。
ご褒美として、いつもの餌のチコの実じゃなく、餌用のミニワームをあげる事にする。

さて、肝心の手紙の内容は……あ、これ父者さんからだ。

149 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:37:13 id:pFolPW620
 彡⌒ミ
.( ´_ゝ`)「手紙読んだよ。迷惑かけてすまないね。母者には私からやんわりと伝えておくから心配しないで。二人に怪我しないように気をつけなさいって伝えておくれ    父者より」


良い親父さんだなぁ。
まぁ取り敢えずこれで問題は無くなったわけだ。
今はあの楽しい兄弟とのんびり過ごす事にしよう。

150 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:38:05 id:pFolPW620
~道具屋・夜~


それから日も落ちたので、昼の残りで晩飯を食っている。
そうだ、せっかくだし倉庫の酒をとって飲もうか。
兄弟たちに酒を持ってくると告げ、倉庫に入る。
良い酒はあったかな……お!これとか良いんじゃ無いか?
少し高めの酒『初日の出』。
2人の新たな門出に、ぴったりの酒だ。

151 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:39:36 id:pFolPW620
( *´_ゝ`)「お、ドクオいいねぇ」

(´<_`* )「今の俺たちに相応しい酒だな」

(*'A`)「じゃ流石兄弟の独立を祝って」

(´<_`* )「この店の繁盛を祈って」

( *´_ゝ`)「3人の未来の祝福を願って」

(*'A`)(* ´_ゝ`)「乾杯!」(´<_`* )


いろいろやらかしたりもする2人だが、俺はこれからの生活が結構楽しみだったりする。

今日は良い1日だった。
明日もこんな日が続く事を祈ろう。

月が俺らを見守りながら酒盛りは続いていった。

      第五話完

152 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:41:09 id:pFolPW620
('A`)の手帳
 @@@
@#_、_@
 (  ノ`) 母者さん
仕事でよくお世話になってる流石家のお母さん。様々な魔法の解析に長け、家計を助けている。
素手で野生生物を狩るすごい人。
兄弟には厳しい躾をしている。

 彡⌒ミ
.( ´_ゝ`)父者さん
流石家のお父さん。優しい人で母者さんの怒りを上手く抑えてくれている。
兄弟には大抵のことは甘く笑顔で許す。

153 名前:名も無きAAのようです:2015/01/10(土) 01:42:11 id:pFolPW620
以上です。
多少地の文に改行を加えました。
読みやすくなってれば幸いです。

('A`)売れないお店のようです - 1420391240 - したらば掲示板
返信2016/02/07 19:27:31